Introducing 17.09 ミン x マッセナ LAB コラボレーション限定モデル

生粋の時計愛好家2人が力を合わせ、インディーズの強力なコラボレーションを実現した。

マレーシアを拠点とする写真家、ライター、そして元ハッセルブラッドの戦略責任者であるミン・ティエン氏は、自身の情熱を次のレベルにまで高めた稀有な時計愛好家だ。ティエン氏は、時計を身に着けたり集めたりするだけでは飽き足らず、ものづくりをしたいと考えていた。ミン(MING)は2017年に「17.01」でウォッチメイキングのシーンに登場し、その後、カルト的な人気を得ている。

图片描述

ミンの時計は、部屋の反対側からでも見分けられるような個性がある。その独特なデザインは、フレア状のラグ、小石のような柔らかなケース形状、人間工学に基づいて設計されたバランスと装着感などが特徴だ。ミンの価値提案は、会議室ではなく、愛好家の頭の中で生まれた時計に相応しいものとなっている。確かにティエン氏は、ビジネスを行っているが、価格以上の価値においてミンはとても素晴らしいと感じる。価格以上の品質と細部へのこだわりを提供することは、時計愛好家を獲得するためのやり方であり、ミンはまさにそれを成し遂げたのである。

17.09 ミン x マッセナ LAB リミテッドエディションでは、長年のコレクターであり、愛好家コミュニティの一員でもあるウィリアム・マッセナ氏が、既に入手困難な時計に独自のタッチを加えたものだ。彼は、HODINKEEの読者にはご紹介するまでもなく、TimeZoneの元マネージング・ディレクターで、Talking Watchesにも登場したことがある。マッセナ氏とティエン氏は長年の付き合いで、時計への興味がきっかけで知り合ったというから驚きだ。

图片描述

最近のマッセナ氏の情熱は、自身の独立時計ブランド「マッセナ LAB」の活動に向けられている。マッセナ氏は自身の手掛けるプロダクトを作るだけでなく、他のブランドの時計を「マッセナイズ」することを目指している。例えば、トロピカルダイヤルのような質感の文字盤上に手作業で夜光を塗布するなど、ミッドセンチュリーの時計デザインの流れを汲むことが多い。ここで、オリジナルの「ミン 17.09」に話を戻そう。この時計は、その美しいフレア状のファンシーラグにも関わらず、明らかに「マッセナゼーション」の候補ではなかった。

2020年春、マッセナ氏はニューヨークで朝食を採っているときに、ティエン氏はマレーシアのバルコニーで夕暮れ時に葉巻を楽しんでいるときに、電話で話し合って生まれたのが、この時計だ。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s