ブライトリング『クロノマット』にブラックマザーオブパール文字盤の日本限定モデルが登場

1983 年、イタリア空軍フレッチェ・トリコローリのために開発されたクロノマット。クォーツ時計が隆盛を極めていた当時、機械式時計復活のアイコンとなった。それから40 年近くの時を経て、『クロノマット B01 42』はあらゆる要望に応える万能なウォッチとして生まれ変わった。そしてこの度、『クロノマット B01 42』では初めてブラック マザー オブ パール文字盤を採用したモデルが登場。日本だけのためにつくられた特別な限定モデルだ。

クロノマット B01 42 ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール

ブライトリング「クロノマットB01 42」
ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール

自動巻き(Cal.01)。47石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。SS(直径42mm、厚さ15.1mm)。200m防水。116万円(税込み)。

あらゆる要望に応える万能スポーツウォッチ

クロノマット B01 42 ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール

 クロノマットは、ブライトリングの歴史の中で重要な位置を占めるモデルだ。発売された1984 年は、極薄のクォーツ時計が隆盛を極めていた頃。ブライトリングは極めて印象的な機械式時計で大胆な賭けにでたのだ。かの有名なイタリア空軍とのコラボレーションで1983 年に開発・発表されたフレッチェ・トリコローリ・クロノグラフをもとに、クロノマットは100 年にわたって築き上げてきたブライトリングのスタイルを祝し、機械式クロノグラフをブランドの本来の重要な位置へと連れ戻した。こうして、この素晴らしい時計に対する世界的な評価が確立したのだった。この新しいクロノマットは、湾曲しないラグを備えた42 ㎜のケースに、ライダータブを4 カ所配したアイコニックなベゼルを装備。さらに独特な「ルーロー」ブレスレットが際立つタイムピースだ。

クロノマットB01 42
ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール

クロノマット B01 42 ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール

 新しいクロノマット・コレクションでは初めてマザー オブ パール文字盤を採用した本作。真珠母貝の文字盤は、その唯一無二の美しさから日本では常に高い人気を誇るディティールだ。今回は、ブラック マザーオブ パールを採用し、サブダイヤルをブラックにあしらった仕様。落ち着いた色味が調和されたエレガントなカラーリングに、金色のブライトリングのロゴが映える。12 時間積算計の上部には、特別なモデルに与えられるSPECIAL EDITION の表示も。機能性を維持しながら美しさまで兼ね備えたタイムピースには、精度と信頼性における最高の認定基準であるCOSC 公認クロノメーター、キャリバー 01 を搭載。サファイアクリスタルケースバックからその美しいムーブメントを覗き込むことができる。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s